ミリタリーの魅力を伝えちゃいます

「ミリタリー」という言葉の意味について

「ミリタリー」とは、日本語で「軍隊」を意味し、狭義には陸軍の事を指します。
日本では主に「軍隊の」、「軍用の」といった意味を持つ複用語として用いられることが多いです。
使用例としては、「ミリタリールック」、「ミリタリーウォッチ」、「ミリオタ」等があります。
「ミリタリールック」とは、戦時中の、主に陸軍の兵士たちが着用していた軍服を現代風にアレンジしたジャケットやコートのレプリカのようなもので、一種のファッションです。
最近では部分的にのみミリタリー要素を取り入れた普通の服も増えてきました。
「ミリタリーウォッチ」とは、軍隊で用いられる時計のことを意味し、耐久性が高いだけでなく、戦場で壊れてもすぐ修理できるよう構造も単純なものとなっています。
市販されているものはほとんどがあくまでイメージモデルで、実際に採用されているものは少ないです。
「ミリオタ」とは、軍事関係のジャンルに造詣の深いオタクのことを指します。

ミリタリーファッションの魅力

ミリタリーファッションといえば定番になるのがミリタリージャケットです。
モチーフになる国ごとにも特徴が違い、機能性やデザイン、色にも影響が出てくるのが特徴です。
しかしあのようなアイテムが苦手であるという人でも楽しめるアイテムやデザインがたくさんあるのがファッションの魅力的なポイントです。特に取り入れやすいのはカラー、カーキのように少しかすんだ色でも十分取り入れやすく、迷彩柄にこだわることもありません。落ち着いた色のアイテムであれば取り入れやすいということもあるでしょう。
またジャケットだけでなくパーカーやブーツといった普段着にも使いやすいアイテムは豊富なため、そういったものを取り入れることで楽しんだりアクセントにすることができます。特にブーツは女性であればヒール付やモチーフとしてデザインに組み込んだパンプスとして楽しめるためによりデザインの幅が広いのも特徴です。
ほかにもコートであればトレンチコートは男女ともに取り入れやすいのが特徴です。もともとトレンチコートはイギリス軍が考案したアイテムのため、ミリタリーのアイテムとしてもスタイリッシュに着こなすことができます。すっきりとしたシルエットを作り出すことができるため、ジャケットが苦手なタイプでも上手に着こなすことができるでしょう。
さらにいろいろなアレンジをしたトレンチコートも多いため、ファッション性が高くさらに防水や防寒にも非常に優れているため、ブーツと合わせても楽しむことができます。

recommend

カーテンバランス
http://www.monreve-japan.jp/work
エクステ 新宿
http://hair-exte.net/
フェイスパック
http://junhakudo.com/
大阪で探偵を雇う
http://tubest.co.jp/
スマイルバーキンの激安ショップ
http://b-panda.com/

Last update:2014/10/21